変形性膝関節症に要注意!グルコサミンで効果的な予防を始めよう

グルコサミンで変形性膝関節症を予防~どんどん進行する怖い病気~

膝に違和感を覚えたら~変形性膝関節症の恐ろしさを知る~

40歳を過ぎてから、膝に違和感が出てきたという人は、変形性膝関節症に注意したほうが良いです。変形性膝関節症は誰もが発症する危険性があります。ここではその恐ろしい病気について解説します。

変形性膝関節症とは

歩いたり、しゃがんだりすると、膝に衝撃や摩擦が加わります。様々な動作をするため、1日に数千回という衝撃や摩擦が膝に与えられていますが、痛みが無い理由は関節軟骨が吸収しているからです。関節軟骨とは、太ももの骨側とすねの骨側にそれぞれある軟骨で、表面はツルツルして滑りが良いため衝撃や摩擦を吸収できるのです。しかし、加齢や体重の増加などで関節軟骨がすり減ってしまうと、膝の上下の骨が直接ぶつかるようになり、痛みが続くようになります。この状態が続く症状を、変形性膝関節症と言います。

変形性膝関節症の症状を知る

変形性膝関節症は、症状のレベルによって痛み方が異なります。ここでは、症状レベルに伴った具体例を見てみましょう。

初期症状

変形性膝関節症として、最も早く現れる症状が、膝の違和感です。初期の段階では、痛みが長く続くことはなく、しばらく休むと痛みは無くなることが多いです。人によって症状の進行度は異なっていて、朝だけ膝の違和感があり、本格的な変形性膝関節症にならないケースもあります。

中期症状

初期症状を放置すると、徐々に進行していき症状は悪くなります。膝が完全に曲がらなかったり、伸び切らなかったりして、正座やしゃがみ込みなどの動作が苦痛になってきます。また、炎症が起きて、膝周辺の腫れや熱、むくみなどの症状も現れます。中期症状が出ている段階では、膝の変形がひどくなっているため、膝に負担がかかる動作をすると軋轢音が出る感じを受けます。

医師からの一言メモ

対処が遅れてしまうとこのようなリスクを負う恐れがあります(整形外科医)

変形性膝関節症を長期間放置すると、日常生活に支障が出るほどの痛みになります。仕事や買い物、旅行などが自由にできなくなるため、活動範囲が狭くなります。するとストレスが溜まり、うつ状態になりやすくなってしまいます。また、骨の変形も進んでいるので、見た目で関節の変形がわかるようになります。このようにならないために、膝に違和感や痛みを覚えたら病院を受診しましょう。予防対策をしっかり行なうことが非常に大切です。

変形性膝関節症を防ぐためにも日ごろからの予防が大切

変形性膝関節症は、徐々に進行していく病気です。進行を防ぐためにも、日ごろからしっかり予防をすることが重要になります。ここでは効果的な変形性膝関節症の予防法を紹介します。

変形性膝関節症の症状に効果的な予防法

筋力トレーニング
変形性膝関節症に効果的な運動は、筋力トレーニングやウォーキング、ランニングなどです。筋力トレーニングと言っても、いきなりスクワットをするのは危険です。まずは膝にかかる負担が少ない筋力トレーニングから初めて、徐々に体づくりをしていくと良いでしょう。また、突然ジョギングを始めると、膝の痛みの原因になってしまうので、ウォーキングから始めるようにしたほうが良いです。ウォーキングをして、膝に問題がないと確認した後に、ジョキングへ移ると安心です。トレーニングをする際は、クッション性がある運動靴を履くことが大切です。クッション性がある運動靴を履くことで、すり減っている膝の軟骨を補う役割を果たしてくれます。クッション性がある運動靴と無い運動靴では、体重のかかり方が大きく違うのです。
食生活の改善
悪い食生活を送っていると、膝にかかる負担も大きくなってしまいます。生活習慣病になりにくい食生活が、膝に良い食生活と言えます。ですから、悪玉コレステロールを多く含んでいる食品や高カロリーの食事は控えめにしましょう。また、関節軟骨に含まれる成分は積極的に食べ物から摂取したほうが良いです。コンドロイチンは、関節の成分を保持する重要な役割を果たしていて、フカヒレやすっぽんなどの食べ物に多く含まれています。他にも、納豆や山芋オクラなどのネバネバした食べ物にも豊富です。さらに、カニやエビなどの甲殻類の殻に含まれているグルコサミンは、コンドロイチンの材料になるので、膝の痛みに効果的なのです。

実際に予防法で変形性膝関節症を克服した人の体験談

運動とサプリメントの相乗効果で痛みがなくなりました(40代/女性)

40歳を越えたころから、階段を昇り降りする時に痛みを感じるようになりました。不安に思い病院を受診した所、変形性膝関節症と診断されました。解決策として医師に言われたのが、膝周りの筋力回復と、軟骨に良い成分を摂取するということです。そのため医師の診断の下、筋力トレーニングとグルコサミンの摂取を併せて行なうようにしました。今まで階段を昇り降りする度に痛みがあり、嫌な気持ちになっていました。しかし筋力トレーニングとグルコサミンの摂取を始めてから、膝の痛みが解消されてスムーズに階段を昇り降りできるようになりました。

予防を心がけるようになってから痛みとは無縁です(40代/女性)

屈伸した時や、膝の曲げ伸ばしをした時などに「バキバキ」という不気味な音が鳴るようになったので、不安に思い病院に行きました。音がするだけで、特別痛みは無かったのですが、変形性膝関節症の進行を防ぐために予防を行なうようにしました。今でも筋力トレーニングとグルコサミンの摂取を続けているため、痛みが発症することなく、毎日を送れています。

予防に役立つサプリメントを探そう

変形性膝関節症の予防に最適なアイテムとして人気のあるグルコサミンは、各メーカーから販売されています。筋力トレーニングを行なう際に用いると骨とクッションを強くして足腰が強くなることでしょう。下記サイトでは、更にグルコサミンの成分がどのように働くかが分かり易く紹介されています。服用前に確認しておきましょう。

TOPボタン