変形性膝関節症に要注意!グルコサミンで効果的な予防を始めよう

グルコサミンサプリメントを活用する変形性膝関節症の予防や改善法

筋力トレーニングと併せてグルコサミンを摂取する

変形性膝関節症の予防、改善に良いとされているのがグルコサミンです。ここでは筋力トレーニングと併せて取り入れたいグルコサミンについて紹介します。グルコサミンサプリメントの魅力や、効率的な摂取方法がわかるようになります。

よく聞くグルコサミンって?

グルコサミンとは、糖とアミノ酸が結びついたアミノ酸の一種です。関節軟膏の構成成分で、カニやエビなどの甲殻類に多く含まれています。元々体内で作られており、軟骨だけではなく、爪や人体などにも存在していて、細胞や組織を結び合わせたり、摩耗された関節軟膏を修復したりする役割を果たしています。しかし、年齢を重ねるごとにグルコサミンは減少してしまいます。ですから、変形性膝関節症の予防や改善として活用したいなら、定期的に摂取する必要があります。変形性膝関節症に悩んでいる人が、グルコサミンを摂取することで、関節の可動性の改善、痛みの緩和などの効果を得られるからです。

欧米ではグルコサミンによる治療が進んでいます

グルコサミンは、食べ物から摂取するのは大変ですが、サプリメントを活用すれば手軽に摂取できます。また、欧米では医薬品成分としてグルコサミンが認可されています。そのため、グルコサミンを活用した治療が一般的に行なわれているのです。欧米は、医薬品の質にこだわっている国が多いです。そんな国でグルコサミンが医薬品として認められているということは、価値が高い成分ということがわかるでしょう。

グルコサミンを効率的に摂取する方法

サプリメントを使用する
グルコサミンサプリメントを利用すれば、純度の高いグルコサミンを確実に摂取することができます。毎日継続して飲むことで、膝のスムーズな動きが出来るようになります。また、グルコサミンサプリメントを摂取するなら、コンドロイチンやヒアルロン酸と一緒に摂取したほうが良いです。一緒に摂取すれば相乗効果を得ることができるので、グルコサミン単体で摂取するよりも、高い効果を期待できます。
グルコサミンの種類に注意
グルコサミンには、硫酸塩と塩酸塩の2種類があります。国内で市販されている製造されているグルコサミンサプリメントの多くは、塩酸塩になります。しかし、ヨーロッパでは硫酸塩が多く出回っていて、アメリカでは硫酸塩と塩酸塩の両方が出回っています。ですから、塩酸塩のグルコサミンサプリメントで効果が無かったからと言って諦めるのは早いです。塩酸塩でダメなら、硫酸塩のグルコサミンサプリメントを試してみましょう。

価格や購入方法の見極めも大切です

サプリメント

グルコサミンサプリメントは、非常にたくさんあるため、初めて購入する場合はどれを選べば良いのか迷ってしまいます。サプリメントは、治療薬ではないため、効果が出るまでに時間がかかります。長期間飲み続けて、初めて効果を実感できるのです。ですから、無理なく購入し続けられる価格帯のサプリメントを選ぶことが大切です。価格が高いサプリメントのほうが、高品質というイメージがありますが、全てがそういうわけではありません。また、特定のお店にしか売っていないサプリメントだと、入手するのが大変です。通販で購入できるサプリメントなら、自宅に居ながらでも簡単に注文できますし、自宅まで届けてくれます。

グルコサミンについて気になること

グルコサミンに副作用はありますか?
グルコサミンを摂取したことで、胃痛や胸焼け、便秘などの軽い胃腸障害を発症したというケースがあります。胃腸が弱い方はグルコサミンを摂取することで、このような副作用を発症することもあるので気を付けましょう。また、胃腸が弱くない方でも、体調が悪い時にグルコサミンを摂取したり、必要以上に摂取し過ぎたりすることで、副作用を発症することもあります。摂取量を守って、体調を確認しながら飲むようにしましょう。
他のサプリメントと併用しても問題はありませんか?
グルコサミンサプリメントには、コンドロイチンが含まれていることが多いです。このコンドロイチンも、グルコサミンと同様に胃腸症状を発症させるケースがあります。その他、コンドロイチンを摂取したことで、脱毛やむくみ、まぶたなどの副作用が出たという報告もあるので、サプリメントを摂取する際は注意しましょう。

変形性膝関節症は早期治療が最も大切

筋力トレーニングやグルコサミンによる予防法を紹介しましたが、痛みが毎日続くようであれば、早期治療が必要になります。ここでは病院で受けられる変形性膝関節症の治療法を紹介します。

変形性膝関節症の治療法とは

変形性膝関節症の治療法は、保存療法と手術に2つに分けることができます。保存療法では、膝の痛みを抑えるための飲み薬や貼り薬、太腿の筋肉を鍛える筋力トレーニングなどがあります。膝の痛みが激しかったり、変形がひどくなったりした時には、人工関節置換術などの手術を行ない対処していきます。また、初期症状が出ている段階であれば、進行を抑えることができます。ですから膝の違和感や痛みがある場合は、放置せずに速やかに病院を受診するようにしましょう。

病気に対する理解を深めて適切に対処しましょう

変形性膝関節症を改善するためには、病気に関する理解を深めることが大切です。そうすれば、効果的な治療や予防を施せるようになります。膝の痛みだからと言って、軽視すると悪化する恐れがあります。自分だけでは判断せずに、医師や征服しのアドバイスを取り入れるようにしましょう。

TOPボタン